過払い金請求とは

債務整理の中でも過払い金請求と言うのは少し意味合いが違うのかもしれません。過払い金請求と言うのは、完済した借金、今現在支払っている借金の両方に適応される手続きなのですが、利息制限法で定められている利息を超えた利息を返還してもらう、という手続きになります。

過払い金請求では、完済から10年間は時効にはならず返済要求をする事が出来ますので、司法書士を中心に過払い金という言葉を良く聞くかと思います。以前は、利息制限法を大幅に超えた金利で貸付をしていた為、グレーゾーン金利と言われるのですが引き直し計算をする事で、完済している人は大きなお金が戻ってくるケース、現在支払いをしている人でも元本より多くの返済をしている事になって、借金が無くなりお金も戻ってくるケースもあるというので認知度が高まりました。 続きを読む

自己破産とは

自己破産とは債務整理の中でも完全に借金をなくしてもらう事が出来る手続きになります。自己破産を考える方は、任意整理では改善する事が出来ず、一旦すべての借金を帳消しにしてもらって人生をやり直す、といった法的処置でもあります。

自己破産を行うと裁判所へ申立をし、最終的には裁判所に免責という許可を得てはじめて借金が0円になります。もちろん借金をなくしてもらう手続きですので、いろいろと条件がありすべてを乗り越えなくてはなりません。

まず自己破産をする事によって起きる出来事(デメリット)をまとめます。20万円以上の財産(家、車、現金、預金など)はすべて債権者に平等に返済されるため処分をされる事になります。借入れをしている金融機関によっては、口座を凍結される事もあります。 続きを読む

個人再生とは

個人再生とは、自己破産までは行かない状態ですが任意整理では厳しい状態と言うのが個人再生という手続きになります。個人再生では、自己破産と同様に裁判所に申し立てをするのですが、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではなく、債務を大幅に免責(5分の1程度)にしてもらって、任意整理のように、長期の分割払いにしてもらう、という制度です。減額幅は、任意整理よりは大きくなります。

この大幅に減額をされた借金を3年間かけて返済をする計画をたてて、それが裁判所に認められれば債務(借金)は計画通りに減額をされます。そして3年間頑張って返済をする事により、すべての借金が無くなるようにするのが個人再生という方法なのです。返済期間については、特例で5年間が認められる場合もありますが、これは弁護士、司法書士に相談をする方が良いでしょう。 続きを読む

任意整理とは

任意整理とは、弁護士や司法書士が債権者と返済の方法や返済の額について交渉をして、支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きです。今よりも借金の返済が楽になる方法を考えていくと言う事ですね。なので裁判所は関与しません。

任意整理も債務整理の中の一つの手段ですが、もっともよく利用されるのがこの任意整理という法的手段になるのです。

まず任意整理と言うのは、今ある借金の中で利息制限法の上限金利を越える金利で借入れをしている消費者金融などがあれば、利息制限法に基づいて引き直し計算をします。そこで払いすぎている利息を元本に充てて借金自体を減額させます。過払い請求という手続きになりますね。 続きを読む

債務整理とは

債務整理と言うのは、借金返済が困難な状態になった人が取る法的な手段になります。債務整理は弁護士、または司法書士を通して行う事が出来る法的処置。しかし自分だけでも出来る債務整理もあります。

それは債務整理の中でも任意整理という法的処置で、これは個人的に借金をしている業者と直接相談、打ち合わせをして毎月の返済額を減らしてもらう、金利を低くしてもらうという行為になります。 続きを読む